仮想通貨を始めよう1 ~始める前に~

仮想通貨の世界

仮想通貨ってそもそも何?

中央銀行に縛られない、ハッキングに強いといった特徴をもつ通貨。

仮想通貨とは、ブロックチェーンの技術をもとにした通貨です。
2009年にサトシ・ナカモトという人物の論文が始まりで、ブロックチェーンによって通貨をプログラム化するビットコインが誕生しました。
ビットコインの大きな特徴は発行・管理する中央銀行のようなものが存在しない。ブロックを分散させ、複数のブロックで台帳の整合性を取るためにハッキングや書き換えられることがない。等です。この部分が電子マネーとは大きく異なります。
なお、欧州銀行は2014年に、仮想通貨の定義を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」としています。
日本語では「仮想通貨」と呼んでいますが英語では「Cryptocurrency(暗号通貨)」と呼ばれます。

 

仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨は取引所なら365日24時間いつでも取引が可能。

仮想通貨は取引所で購入できす。国内取引所は日本円で取引が可能です。まずアカウント登録を行い、本人確認や住所の確認などを行ったあとに取引ができます。金融庁に認可を受けている取引所は十数社です。
ただし、金融庁の認可を受けている業者だから安心、ではないのでご注意ください。セキュリティ対策などで審査があるものの、予想外のトラブルは今後も起きる可能性があります。コインチェック(2018年1月時点では未認可)のNEM問題ではコールドウォレット保管だと思われていたNEMが、実際はホットウォレット保管でした。まだまだ環境整備には時間がかかると思われます。
また、販売形式も主に2種類あり、株やFXのようにユーザー同士の取引を仲介する形式もあれば、取引所がユーザーと直接仮想通貨を販売する形式もあり「手数料無料」を謳っていながら、実質的に高い手数料を課す取引所などもあります。
ほかにも海外の取引所などもあり、こちらは国内取引所でビットコインを購入、海外取引所に送金してほかの通貨を購入することができます。

 

なぜ取引所によって価格が違うのか?

取引所間の差額で利益を出す売買法もあります。

同じ通貨でも、取引所によって価格が異なることがあります。これは各取引所が共通の場所ではなく、同じ取引所内のユーザー同士で取引を行っている為です。
しかし、なぜどの取引所も同じ程度の価格で値動きをするのか、という新たな疑問が出てきます。それはアービトラージといって価格差を埋める取引が行われるためです。ユーザーの手によってアービトラージが行われる場合があれば、取引所が価格調整を行っている場合もありますが、大きな差が出ないようになっています。

 

仮想通貨に税金はかかるのか?

雑所得の総合課税になります。※給与所得との合算

仮想通貨で億り人という言葉が流行したが、儲けが出た場合は税金がかかります。仮想通貨の売買で得た利益は、雑所得として総合課税の対象となります。株や投信の利益が分離課税として約20%課税されて完結するのに対し、総合課税だと給与所得と合算した額で税率が決まるため、給与の税率にも影響してしまう可能性があります。逆に損が出ても給与からは引くことができません。1年間に確定された利益が20万円以内の場合は申告不要です。ただし、医療費控除などで申告を行う場合は課税されます。
課税所得と所得税率は下記にまとめます。

給与所得+仮想通貨利益
例えば、年収400万円(課税所得270万円)の場合所得税率10%
仮想通貨で100万円の利益が出た場合
270万円+100万円で合計所得370万円になり所得税率20%にアップ

課税所得 → 所得税率と控除額
~195万円 → 5%
195~330万円 → 10%
330~695万円 → 20%
695~900万円 → 23%
900~1800万円 → 30%
1800~4000万円 → 40%
4000~万円 → 45%

 


ヒデキ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です