仮想通貨を始めよう5 ~草コイン~

草コインの世界

草コインってなに?

規模の小さいアルトコイン。

英語では「Shitcoin」(糞コイン)と呼ばれています。
国内では扱っていない、格安のコインです。海外の取引所でのみ購入可能です。現在1500種ほどある仮想通貨の大半が草コインになります。24時間まったく取引がされないコインなども存在するので、購入時は注意が必要です。24時間の出来高の項目はよくチェックしてから購入して下さい。

草コインを買うメリットは?

数倍、数十倍に跳ね上がる可能性がある。また、安価なため購入しやすい。

2017年だけで考えると数百倍、数千倍に跳ね上がった草コインがあります。この現象は、突然大幅にグラフが大きく上昇する為イナゴタワー(イナゴ)などと呼ばれます。イナゴを狙って購入する人が大半です。次はどのコインがくるかを調べる楽しさ、自分の購入した草コインを広める楽しさもあります。

 

草コインを買うリスクは?

価格の変動が激しく、突然無価値になる可能性があります。

0.5円で購入したものが翌日0.1円(1/5)になったりなど、価格の変動が激しいです。また取引所が海外なので、突然取扱いが無くなったり、情報を仕入れる手段が乏しい為、気づかない間に無価値になっていたりします。

私の経験ではネタコインとされるストロングハンズ(SHND)を2,000円分購入したのですが、数週間で50円の価値になりました。また、気持ちが離れている間に、ハードフォークが行なわれていて、その情報に気づかずおそらく無価値になってしまいました。こちらも2017年にはイナゴタワーが立った過去があります。

大前提として成長段階の通貨なので、大量に先行投資している人は売るタイミングを見計らっています。なので、暴騰の直後には暴落が起きる可能性が高いです。

 

草コインの探し方は?

興味のある人がどれだけいるかを考える。

2種類の探し方があります。
1つは、自分の興味のあるプロジェクトへの投資です。これは長期でそのプロジェクトと一緒に通貨の価値が成長することを期待しています。なので、どのような目的を持った通貨なのかをしっかり調べてから購入します。

もう1つは、イナゴ狙いの投資です。これは短期で瞬間的な上昇を期待しています。例えばハードフォークやロックアップ、サービスの開始などの情報を集めて、一時的な高騰のタイミングで売ります。こちらは正確な情報を集めて、情報を精査してから購入します。

 

オススメの海外取引所

 


ヒデキ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です