【6】ポーカー世界1位の言葉

ギリギリセーフ!!

いやー危なかった!!

少額ですが、全財産のつもりで投資しています。

今回は結果的に損切ですが、良い損切だと思います。

ここから上げていこう!!

ポーカー世界一位の言葉はもう少し下になります。

 

損切を考える日々

4月24日に約100円で購入したリップルですが、

私の考えではゴールデンウィーク中にぐんぐん上がって~~~~

とか思っていましたが、甘かったです。

月の力(【4】【5】参照)にも期待したのですが、全然でした。
月は何の役にも立ちません。期待してたのに!!ホント何の為にあるんだか!!!
GW前半はもう損切のことばかり考えていました。。。
そんな時にテレビで見たのが、ポーカー世界一の人です。

この人の言葉で考え方を改めようと思いました。

 

ポーカー世界一位 木原 直哉

競技ポーカーのプロプレイヤーです。

経歴が異色で、大学はあの東京大学に入学し物理学を研究、当時は研究者となり、ノーベル賞をとることを夢見ていたそうです。しかし、在学中にポーカーと出会い、2011年大学卒業後プロプレイヤーに転身し、わずか1年でポーカー選手権大会で日本人で初優勝をするというすごい人です。

 

 

FOOT×BRAIN

私は毎週FOOT×BRAINという番組を録画して、面白そうなアナリストの時に見ているのですが、
ポーカーの世界一という事で、あまりにも異色すぎて気になって見てしまいました。

FOOT×BRAINはあらゆる業界の方を『アナリスト』として招いて、日本サッカーに置き換えて考える番組です。

 

勝利への確率論

お待たせしました。

ここからがプロポーカープレイヤー木原 直哉の言葉です。
番組で語っている内容のつなぎ合わせなので、実際の言葉とは異なります。
これは私が受け止めた要約になります。

ポーカー1回勝負であれば、プロアマ関係なく勝率は5分5分です。
競技ポーカーの試合では何回もゲームを行い、チップによる点数で勝敗を決めます。なので、やはり競技と言えど運勝負になります。
例えば、100ゲームをすれば、大体50勝50敗になります。
では、何が勝敗を分けるかと言うと、
勝つときに大きく勝って、負ける時には小さく負けるという考えが必要です。

この考えが私にも必要だと思いました。

投資を1発勝負と考えがちな私ですが、私も何回も勝負をして『勝ちを大きく、負けを小さく』の精神で頑張ろうと思います。なんかやる気が出てきました。

 

24日の100円の行方

100円で買ったリップル
結果的にこうなりました。

5月5日(約97円)と6日(約98円)に分けて売り切りました。
GW内ではかなりいいタイミングです。
結果的には損切になります。今回は負けという事になります。
しかし、あの言葉を聞いて、一回負けとこうと思いました。
最小に食い止められるよう、GWが明けたら下がる気しかしなかったので売りました。

と思ったら、予想通りぐんぐん落ちました。現在約89円!!!
あぶねー!!!木原さんサンキュー!!!
冒頭にも書きましたが、納得のいく良い損切でした。
GWに伸ばせなかったのは残念ですけど。。。

結果 10,961→10,772(ー189)

第一目標から少し遠ざかってしまいましたが、もう一度頑張ってみようと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
何かアドバイスなどありましたら、頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。

 


ヒデキ

人気ブログランキングに参加しているので下記をクリックして頂けると嬉しいです。


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です