仮想通貨を始めよう6 ~ICOとTGE~ Metamask・Blockhaus登録方法

ICOの世界

ICOってなに??

ICOという新しい資金調達法

資金調達法の1つに『IPO』があります。IPOとはInitial Public Offeringの略で『新規公開株式』の事です。自社の株式を投資家に売り出すことで証券取引所に上場し、誰でもその企業の株が取引できるようになるというものであり、これにより企業は自社の株式を売り出すことで資金を調達します。

また、『クラウドファンディング』と呼ばれる資金調達手法も近年注目を集めています。自社のプロジェクトや商品企画に賛同する人々からインターネットを介して事業資金を集める仕組みです。

こうしたIPOやクラウドファンディングと同様の手法をブロックチェーンや仮想通貨の仕組みで実現し注目を集めているのがICOです。ICOはInitial Coin Offeringの略で、実施主体(企業・団体・個人)は独自の仮想通貨やブロックチェーン上のトークンを発行し、投資家に販売することで資金を調達します。

 

IPOとICOの違いは?

IPOによる株式を上場させる場合、取引所が定める一定の企業規模の審査、企業内部の統制の整備、監査など多くの手続きを証券会社や監査法人、弁護士事務所などを通じて行なうため、コストと時間を要します。

ICOであれば、こうしたプロセスを排除して、発行した仮想通貨を仮想通貨の取引所に上場させたり、ブロックチェーン上でトークンを取引したりすることができます。

 

ICOのデメリット

審査や監査といった所定の手続きがないために、ICOの内容が詐欺ではないかを自分で見極めなければなりません。資金調達法として選択肢が広がる一方、投資家は、実施主体の十分な情報収集や精査が極めて重要になります。

 

TGEってなに??

TGEとICOの違いは?

TGEはToken Generating Eventの略で、MME、Blockhausによるコンプライアンスとデューデリジェンス(投資先の価値のチェックをクリアしたICOのことです。TGE案件などと呼ばれたりもします。

ICOは誰でも資金調達ができる為、詐欺やプロジェクトが途中で途絶えてしまうなどの被害が増えてきました。そこで、『blockhaus』が、法律、税制、規制、経済面、技術力を精査して、より安心して購入できるICOをリストアップしてくれます。

 

TGEのデメリット

TGEはICOよりも安全性、期待値は高いですが、金融投資商品であることに変わりはありません。投資における為替変動のリスクは存在します。また、紹介されるすべての案件が上場されるかは分かりません。

 

TGE案件への参加方法

TGE案件に参加するにはBlockhausへ登録する必要があります。
サイト移動の前に、次の項目の事前に用意するものを先にご確認ください。
Metamaskを登録済みの方は下記よりBlockhausの登録画面へどうぞ。
Blockhausへはこちらからサイトへ移動して下さい。

私はBlockhausのオフィシャルサイトCTIAのオフィシャルサイトから上記のページにたどり着く事ができませんでした。

 

事前に用意するもの

※登録作業はChromeををご利用下さい。Internet Explorerでは繋がりません。

  1. パスポート(写真) or 免許証(写真)
    ☆パスポートの方が英語表記があるので審査が通りやすいと言われています。
  2. 登録者の顔写真(写真)
  3. 3か月以内の公共料金の請求書(写真)
  4. メタマスク(Metamask)のアドレス
    ※簡単に作れるので、これを機会に作ってみて下さい。便利です。

 

Metamask登録方法 ※すでに取得している方は飛ばしてください。

①まずは下記をクリックしてChromeストアへ行きます

Chromeストア(Metamask)

 

②右上の【CHROMEに追加】をクリックします。

 

【拡張機能を追加】をクリックします。

 

④Google Chromeブラウザの右上にキツネのアイコンが出現します。
【キツネ】のアイコンをクリックして『PRIVACY NOTICE』を出します。
規約を読んだら【Accept】をクリックします。

 

⑤Metamaskのパスワードを入力します。

  1. 8文字以上のパスワード入力
  2. 確認用にパスワード再入力
  3. 【CREATE】をクリック

 

⑥Metamaskの『SEED WORDS(復元用パスワード)』を保存して下さい。
メモもしくはコピーをして下さい。
※これをなくすと、復元できなくなります。大切に保存して下さい。

 

Metamask導入完了です。

 

Blockhaus登録方法

登録画面に移動

下記をクリックして下さい。
【Blockhaus】

  1. 日本語を選択
  2. 【個人】をクリック

 

Blockhausに参加する

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力(15文字以上)
  3. 【次へ】をクリック

 

アカウントのセキュリティ強化

  1. 【国旗】をクリックして、日本を選択
  2. 携帯電話の番号を入力
    ※080-○○○○ー○○○○と打つと、自動的に先頭の0が消えます。
    始めから0を省いて80-○○○○ー○○○○と打っても問題ありません。
  3. 【送信】をクリック
  4. 『コードの入力』が出てくるので、SMSに届く7ケタの数字を入力
  5. 【確認】をクリック
  6. 【次へ】をクリック

 

注意
認証コードが送られてこない場合、電話番号を確認して再送信を行って下さい。
それでも送られてこない場合、携帯電話のSMS受信設定をご確認して下さい。
海外メールの受信を拒否していると受信されません。
もし、再送信を10回繰り返すと、電話番号が無効になり登録することができなくなります。

 

プロフィール情報

プロフィール情報を上から順入力

  1. 名・名前(ローマ字入力)
  2. 姓・苗字(ローマ字入力)
  3. 国籍
    ※プルダウン式で選択
  4. 生年月日
  5. 職業
    ※投資家であればTrader、会社員であればOffice workerやEmployeeなど
  6. 資金源
  7. 投資金額
    ※Less than 1,000USD(10万円以下)/10,000USD to 100,000USD(100~1,000万円)
  8. 年収
    ※25,000 to 50,000USD(250~500万)
  9. 純資産
    ※Up to 100,000USD(1,000万円まで)
  10. 資金源に対する連絡先(あなたの資金について証明できる第三者)
    ※弁護士であればLawer、会計士であればAccountantなど
    ただし、任意なので書かなくても問題ありません。私は書いていません。
  11. 【次へ】をクリック

 

ID検証

【Start ID verification】をクリックする

 

【パスポート】or【免許証】を選択
☆パスポートの方が英語表記がある為、申請が通りやすいのでオススメです。

 

パスポート選択時

  1. 【Choose file】をクリック
  2. パスポートのファイル(画像)を選択
  3. 【Confirm】をクリック
※免許選択時
  1.免許表面の画像を添付
  2.【Continue】をクリック
  3.免許裏面の画像を添付
  4.【Confirm】をクリック

 

  1. 【Choose file 】をクリック
  2. 顔写真の画像を選択
  3. 【Confirm】をクリック

 

ID検証の為の画質確認に入るので、終わるまで待ちましょう。
終わると自動で次の画面に移動します。

 

住所証明

  1. 英語の住所を入力
    『JuDress』を利用すると、簡単に英語表記の住所の書き方が分かります。
    下記画像が『JuDress』の画面になります。
  2. 【Japan】を選択
  3. 【Utillity Bill(公共料金)】を選択
  4. 3か月以内の公共料金の領収書などの画像(現住所の証明)を添付
  5. 【次へ】をクリック

 

パブリックキーアドレス

  1. 『既存のアドレスを使用する』にチェックを入れる
  2. Chrome画面右上の【キツネアイコン】をクリック
  3. 【・・・】をクリック
  4. コードをコピーする
  5. コードをペーストする
  6. 【提出する】をクリック

 

以上で登録作業は終わりです。
最後に登録したメールアドレス宛てに確認メールが届きます。
【確認】をクリックして承認します。

 


ヒデキ

人気ブログランキングに参加しているので下記をクリックして頂けると嬉しいです。


人気ブログランキング

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です