仮想通貨の用語集です。
聞きなれない言葉が多いので、用語をまとめます。

アービトラージ
日本語でいうと裁定取引。取引所間で一時的な価格差が生まれたときに高い方で売却、安い方で同数の購入を行うこと。市場の歪みが短時間で解消される方向に働くため、適正な価格形成に役立っているとも言われる。仮想通貨の取引所の場合、不自然な1円刻みの注文があったり、キリの良い注文が並んでいたりと価格調整をしていると思われる注文が並んでいる光景が稀に見られる。

アルトコイン
ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

イーサリアム
時価総額2位。スマートコントラクトをブロックチェーンで実現することを目指している。

追証(おいしょう)
含み損が必要証拠を下回った際に入れる追加証拠金のこと。仮想通貨取引所の場合は先にロスカットされることが多い。

ガチホ
ガチガチのホルダー・またはホールドすること。下がろうが、上がろうが売らない。

ゴックス(GOX)
ビットコインなどの仮想通貨が無くなること。マウントゴックスの事件に由来する。原因が自分にある場合は「セルフゴックス」と呼ばれる。

コールドウォレット
秘密鍵をオフラインで保存したり、ハードウォレットのように物理的な機器を鍵として保存するウォレット。ホットウォレット(ウェブウォレット)と比べると、安全性が飛躍的に高まる。

サトシ・ナカモト
ビットコイン、ブロックチェーン技術の論文を発表し、ビットコインの運用を開始した人物。日本人のような名前をしているが、正体は不明。彼の名にちなんで、取引の最小単位である1億文の1ビットコインを1サトシと呼ぶ。

スプレッド
取引所が購入・売却に設けている価格差。手数料無料を謳う取引所の実質的な手数料となっている。

取引所
正式には仮想通貨交換業者。金融庁に登録している業者と未登録のみなし業者が存在。

二段階認証
アカウントとパスワードだけでなく、さらにもう1つのパスワードを加えたもの。「Google Authenticator(Google認証システム)」を使ったものやショートメールを使ったものなどがある。

ビットコイン
時価総額1位。仮想通貨の中心で世界的に基軸通貨。

ブロックチェーン
 分散型台帳技術とも呼ばれる。ビットコインの基盤技術。取引を記録するための台帳をネットワーク上の複数のコンピュータで相互確認し、外部からの改ざんを防ぐ新しい仕組み。一定期間の取引記録を「ブロック」として1つにまとめ、始まりから現在まで時系列ですべてをつなぎ合わせているため「チェーン」。特定の誰かに任せるのではなく、みんなで管理しましょうという手法。この技術は取引記録以外にもブロックに載せることは可能。

ホットウォレット
取引所の口座のようにつねにWebに接続した状態のウォレット。ウェブウォレットとも同義。

ボラタリティ
資産価格変動の激しさを表すパラメータ。

マイナー(採掘者)
マイニングを行なう人のこと。

マイニング(採掘)
取引記録を取引台帳に追記する行為。

リップラー
リップルが大好きな人。

リップル
時価総額3位大量の送金を格安の手数料で素早く実現することを目指している。

レバレッジ
信用取引における倍率。

ロスカット
信用取引において、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済。証拠金維持率によって機械的に行われるが、急激な変動によってロスカットが遅れ、マイナスが発生して追加証拠金が必要になることがある。

ロックアップ
「鍵をかける」という意味で、一定期間仮想通貨発行元が売らないで保持すること。